発送電分離

こんにちは。今日は発送電分離について気になる事があるので、独り言のようにつぶやいていきます。

発送電分離とはものすごくざっくり言うと発電と送電の事業を別々にするという事です。日本でも電気事業法の改正でこういう流れになっていきます。

今までが1社独占の体制だったのが、そこに競争が加わり例えば「Sバンク電力」何て会社が出来て電気代が安くなるかも!という話題もけっこうありましたが・・・

添付のグラフは各国の電気料金の推移です。ちなみに日本以外はすでに発送電分離が導入されていたかと思います。・・・電気料金安くなってないですね・・・

デメリットはあまり報道ではされていないような気がしますが、最大の問題は電力の安定供給だと思います。アメリカのカリフォルニア州では発電会社と送電会社でうまく連携がとれなくて大停電が起きた事があります。興味があれば「カリフォルニア大停電」とでも検索したらヒットすると思います。

実際に発送電分離が行われてる諸外国はたくさんありますが、かなり色々と問題が起きてます。結局は電気料金は上がり続けてしまっている・・・何て事もあります。

色々な国でたくさんの失敗例があるので、失敗しないように入念に準備していってほしいですね・・・

太陽光発電や蓄電池やHEMESなど、自分で作り自分でコントロールしてなるべく自家消費で賄おうという流れで各メーカーさんがどんどん新商品を開発していっています。今の太陽光発電は売電して利益が出る!という考えがけっこうありますが、将来は「電気料金が高すぎて買ってられない!自分で電気を作って何とかしないと!」という時代になるかもしれません。我々消費者は結局はなすがままなので、「自己防衛」のための太陽光発電という考えもアリなのかなぁと思いました。

長々と語りましたが、独り言であり、個人の意見です。だから太陽光発電を付けた方がいいという営業ではありませんので(笑)

工事部 反保

 

ecoエコ快適フェアご来場御礼

みなさんこんにちは。

8月30日、31日でとかちプラザにて SHARPさんのイベント、
ecoエコ快適フェアが行われました。

ご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました。
私が担当させていただきましたお客様にもお会いでき、皆様の顔が見れてとてもよかったです^^

さて、今回は蓄電池を主としたご提案をさせていただきました。

やはり皆様の蓄電池の関心度は急上昇してますね。
金額も徐々に下がってきており、現在のところ導入参考価格として、実質負担 1,200,000円程度(SHARP 4.8kw蓄電池の場合)です。

蓄電池も太陽光と同じように普及し、蓄電池がついているのが当たり前という時代はもうすぐそこまで、来ているといった印象でした。

今後も新商品の情報を皆様にお届けしてまいります。
宜しくお願いします。

副社長 板倉 利幸