施工図を画くという事

皆様ご無沙汰しております。

電気工事部 位田(イダ)でございます。

以前の現場も一段落つきまして、現在は新しい現場を担当しているのですが、

タイトルの通り、施工図を作成することに鋭意努力しているところであります。

施工図とはgoogl等で調べると定義のような物が色々と出てきますが、

私が感じている施工図とは、

「施工管理士の意思、意図を現場の職人に伝える図」だと思っています。

携わった建物には特別な思いが残るといいますが、

施工図も自分が関わった仕事の記録として残る物ですので、

大事に大切に作成していきたいと思います。

先週の大雪・・・。

こんにちは。齊藤です。

帯広にお住いの皆様、先週は超大雪でたいへんでしたねぇ。

除雪は大変だわ、そこらじゅうで車は埋まってるわ・・・。

私も見事にえらい目に遭いました・・・。

木曜日、まず会社から帰ろうと駐車場に行くと、なんと社員みんなの車が

雪に埋もれているではありませんか!

このままでは車に乗ることすらできないということで、社員共々力を合わせ約1時間かけて何とか脱出。

その後家に帰る道中何度もはまりそうになりながらなんとか生還。

したものの・・・

私現在貸アパートに住んでいるのですが、アパート駐車場付近で立ち往生している複数台の車を発見・・・。

約2時間かけて何とか皆の車を所定の位置に戻すことができました。

これで戦いは終わった・・・。誰もがそう思った時でした。

「さて、最後に俺の車を停めてと・・・!?!?!?」

そう、ここまで雪にはまらず、無事に私を届けてくれた愛車も最後の最後にはまってしまい立ち往生。

この雪では四駆の車も意味がないというのか・・・。

PM19:00 愛車サルベージ作戦決行です。

その後作戦もなんとか終了し、駐車場の除雪をして、家でやっと落ち着けたのはもうすでに夜の11時を過ぎた頃でした・・・。

もうこんなことは勘弁してほしいですね。。。

こんな大雪がもう2度と降らないことを祈っています。

以上。齊藤でした。